about

mirai

Author:mirai
  

兵庫県西宮市を中心に、
カフェやショップ、
ギャラリーなど
まちにある素敵な空間を使って
ちいさな映画会を
企画・開催しています。

あまり出会う機会のない
せかいのいろんな映画や
古いけれど色あせない
素敵な映画など
独自のセレクトで
みなさまにお届けします。

映画というもうひとつの世界
みんなで観ることの楽しさを
感じてもらえればしあわせ。

お問い合わせ・ご意見は
nomadekino@gmail.comまで

thanks

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢崎仁司監督新作『スイートリトルライズ』

sweet_little_lies.jpg


大好きな矢崎監督の新作が3月に来る!!

初の“メジャー”映画となった
前作『ストロベリーショートケイクス』から4年。

矢崎作品の主演に中谷美紀?
主題歌がスガシカオ??

…と戸惑うこともありますが(個人的にね)

矢崎監督×大森南朋は以前から観たいと思ってたので
期待に胸を膨らませて春を待ちます。

公式サイト
http://www.cinemacafe.net/official/sweet-little-lies/pc.html

スポンサーサイト

映画氷河期?


今日飛び込んできたふたつのニュース。

・MIRAMAX FILMS廃業
http://www.cinematoday.jp/page/N0022117

・シネカノン民事再生法適用申請
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100129k0000m040138000c.html

映画館がなくなっていってる(シネコンは別)というのは
街に出りゃあ目に見えて実感できるけど、
ここ数年、見えないとこで映画会社が実はガンガン減ってる。

そのうちハリウッド大作と日本のTVドラマ的映画と
ディズニーとジブリしか観れなくなったりして。

はは(笑いごとじゃなーい)。

本格的に氷河期が来ないうちに…


…でも、私になにができる?

【終了しました】CINEMA HOUSE vol.03

CH_03_flyer_300.jpg

ふだん、普通の人の20倍くらい音楽を聴かない
ノーミュージックライフな私ですが
こんな私にもこよなく愛する音楽があります。

それはジプシー音楽。

子どもの頃からフォルクローレとかが好きで、
どうも哀愁をたっぷり含んだ旋律に弱い。
それがいつのことだったか、ジプシー音楽を聴いて
すっかり夢中になってしまったのだった。

のんびり物悲しいフォルクローレにくらべ、
ジプシー音楽には心をざわざわと揺すぶられる激しさがある。

フォルクローレはきっと色がなく荒涼とした険しい岩山で、
大自然を源として生まれたのだと思う。
だからその音色はいつも空へ溶けていく感じがするのだ。

それとは対称に、
ジプシー音楽は(差別を受けることへの)怒りや哀しみなど
人間のコントロールしきれなくてあふれ出した感情が
音楽という形になったものなんじゃないかと思う。
だからその音色はいつも胸の奥深くに突き刺さる。

ジプシーの中でも中東欧に居住する者たちを“ロマ”と呼ぶ。
今回はこのロマをルーツに持つトニー・ガトリフ監督の
『トランシルヴァニア』を上映します。

突然姿を消した恋人を追って、彼の故郷
ルーマニアはトランシルヴァニアに辿り着いたジンガリナ。
やっと探し出した彼にはしかし、愛情の欠片も残っていなかった…。
傷つき苦しみもがきながらも自らを再生してゆく女性の物語です。

transylvania_02.jpg


transylvania_01.jpg

ガトリフ監督が初めて女性を主役に据えたこの映画、
ヒロインを演じるのはアーシア・アルジェント。
強い瞳、激しい魂、凄まじい存在感はハンパなく、
彼女があってこの映画が成立していると言って良いほど。
美しくカッコ良くてぶっ壊れてる彼女、サイコーです。まじで。

transylvania_03.jpg

「音楽を撮るために映画を撮っている」というガトリフ監督、
音楽もたっぷり楽しんでください。

今回の映画の旅のお供は、「ルーマニアのおやつ」。
何が出てくるのかな、楽しみだー!!



CINEMA HOUSE vol.03 TranSylvania

2010.2/26(金) 14:30~ 17:00~ 19:30~
2010.2/27(土) 11:30~ 14:00~ 16:30~ 19:00~
※2/27(土)19:00の回は満席となりました。どうもありがとうございました。

『トランシルヴァニア』
2006年/フランス/102min/監督:トニー・ガトリフ

会場:FarmHouse Cafe
   http://farmhouse-cafe.com/
   神戸市東灘区岡本5-2-4 TEL078-453-9355
   OPEN12:00~19:00 木曜、第1・3水曜休

料金:2000円(ルーマニアのおやつとドリンク付き)

定員:各回10名(先着順、ご予約ください)

ご予約:メールでnomadekino@gmail.comまで
    お名前、人数、ご希望の回、ご連絡先をお知らせください。
    FarmHouse Cafe店頭、お電話でも受付しています。

【終了しました】spice+animation! vol.11

s+a11_flyer_300.jpg

2010年の活動はじめは、
ホームグラウンドと化しているlittle GANESHでの
「spice+animation!」でございまーす。

バレンタインどんぴしゃ日程ということもあり、
今回セレクトしたのは美しく穏やかでやさしい愛のおはなし。
ずっと、ずうーーっと上映したいと焦がれていた
チェコのカレル・ゼマン作『ホンジークとマジェンカ』を。

3人の小人に見守られ、助言を受けながら
世界を旅する青年ホンジーク。
ある日ホンジークは美しい妖精マジェンカと出会い恋に落ちるが、
ふたりの前には苦難が次々とおそいかかる…

honzikovi_02.jpg

honzikovi_01.jpg

「ごく普通の人々の中のヒーローを描く」と言っている通り、
ホンジークは天使と悪魔のような小人の囁きに惑わされたり
マジェンカに会いたいあまりバカな選択をして
えらい目に遭ってしまったり(詳しくは映画を観に来てね!)と
心の弱さや後先考えない青い衝動丸出しなんですが、
そんな彼の姿はまさに恋に迷い悩んだあの日の私たちと同じ。

たまにはこんな風に、ゆったりと、うっとりと、
バレンタインの一日を過ごすのも良いものだと思います。
もちろん、おいしいカリーと一緒にね。
今回はバレンタイン限定、カリーの後にチョコスイーツが付きますよん。

そしてそして、さらにお楽しみ!
コラージュ作家「Schwank&Lilly(シュワンクアンドリリィ)」が
映画をイメージしたコラージュ作品で会場を飾ってくれるほか、
上映の合間には様々なイベントでVJとしても活躍する[K]が
映像と音楽で空間をアートに演出。
これが楽しみ!というファンも多い
「レモンと実験」のおやつも販売します。

・レモンと実験
 http://lemon-jikken.seesaa.net/



spice+animation! vol.11 Pohadka o Honzikovi a Marence

2010.2/13(土) 11:30~ 14:30~ 18:00~ 20:30~
2010.2/14(日) 13:30~ 16:00~

『ホンジークとマジェンカ』
1980年/チェコスロヴァキア/66min/監督:カレル・ゼマン

会場:little GANESH
   http://lganesh.exblog.jp/
   西宮市江上町6-5 TEL0798-35-7773
   OPEN11:30~20:30(日曜13:00~) 月曜、第一土日休

料金:2000円(チキンカリーとチョコスイーツ付き)
   ※映画終了後にカリーとスイーツをお出しします。

定員:各回12名(先着順、ご予約ください)

ご予約:メールでnomadekino@gmail.comまで
    お名前、人数、ご希望の回、ご連絡先をお知らせください。
    little GANESH店頭、お電話でも受付しています。

GARDEN vol.02


GARDEN_02_flyer.jpg

我がチームの音楽番長[K]プレゼンツ
気持ち良~くひたすら音楽にまみれて過ごすイベント「GARDEN」。
待望の第2回目開催!!

「spice+animation!」の上映でもおなじみ
little GANESHが、この日ばかりは
ライブハウス?クラブ?ヘヴン?桃源郷??
てな感じに音楽でいちにち満たされちゃいます。

お昼は関西電子音楽界の気鋭たちがのんびりLive。
(一斉に見れる機会はほんと、ないよー!!)

電子音楽とは何ぞや?
という人にはぜひ体感してもらいたい。
音を「聴く」演奏を「見る」普通のLiveとはまったく様相が異なります。

私のイメージは…

空中に向かって発せられたいろんな音のつぶつぶ、
それがふわふわと落ちてくる風景を楽しむ。
うん、そんな感じ。

デンシオンガクという響きからは想像できない、
とってもかわいくて心地よい音楽ばかり。

そしてLive終了~夜はDJタイム。
我がチームからは[K]とTAM、
little GANESH店主もやりますよ~(え?あの寡黙な人が?!)必見!
そしてそして今回は紅一点!lugh*ちゃんも参加。
楽しい夜になりそうです。
みんなで遊ぼうー



GARDEN vol.02 ~Sunday Music~

2010.1/31(日)12:00~21:00

会場:little GANESH
   http://lganesh.exblog.jp/

入場無料(飲食店なのでご注文をお願いします)

〈Live〉

 ・musika-nt
  http://www.musika-nt.com/

 ・monospin
  http://ameblo.jp/monospin/

 ・TAKAHIRO MUKAI
  http://www.myspace.com/takahiromukai

〈DJ〉

 ・TAM

 ・TAKESHITA

 ・lugh*
  http://ameblo.jp/ymk56/

 ・[K]

〈VJ〉

 ・Romlus

“てふてふ”と“ふみふみ”


yamyam_caneton.jpg

中崎町canetonyamyamの個展はじまります

どこかノスタルジック、でも古くなくて
甘さ控えめなのに乙女ゴコロをくすぐってくる
そんなyamyamのかわいい作品たち。
初めて見た日から私もトリコです。

期間中、カフェでは限定メニューも登場するみたい。
りんごのお菓子好きとしては見逃せないっす。

会期終わってからだけど
yamyamといっしょに遊べる(わーい)
ワークショップもあるよー



yamyam KIKAKU
“てふてふ”と“ふみふみ” ~わたしの小さな雑貨展 vol.2~
 in caneton


2010.1/15(金)~27(水)※1/21休

ペーパーブローチ
カードセット 紙人形
などなど 紙モノを中心とした
雑貨を展示販売します

・yamyam
 http://yamyamnote.exblog.jp/

・caneton
 http://blog.auone.jp/caneton/

幻のヌーベルヴァーグ


rozier_adieu.jpg

ヌーベルヴァーグ好きが焦がれ続けた
ジャック・ロジエの6作品が一挙上映!

http://www.rozier.jp/

もはや伝説と言われる
『アデュー・フィリピーヌ』(上写真)や
ゴダールの『軽蔑』の現場を捉えた
『パパラッツィ』『バルドー/ゴダール』。

なんてこった!
これは事件ですよ!!

ところが上映予定が東京しかない…
果たして関西にやって来るだろうか?

ううううう………

東京、行くかー!!!

…いや、行けないな、貧乏だから。

映画観にちょっと東京へ。
なんて素敵なシネマライフ(夢想)。

さよならエリック・ロメール


Rohmer_Godard.jpg
ゴダール(右)と


仏ヌーベルヴァーグの巨匠
エリック・ロメールが
11日にパリで亡くなりました。

年老いてなお、瑞々しい感性で
恋愛映画を撮り続けていたロメール。

あの年で、どうして?と驚くような
本当に等身大の女性像を描けるのが
(しかもごくごくサラリと)不思議で
仲間ウチでは「変態にちがいない」
が決まり文句だった(もちろん最大の賛辞)。

Rohmer_Pauline.jpg
見よ、このエロティシズム!


「ロメール作品国内最終上映」と銘打って
特集が組まれていたのが2008年。
追悼特集してほしいところだけど
国内に権利のある作品がほとんどないのが現状。
どこか買ってくれるのかな。

エリック・ロメールありがとう。さよなら。

2010年あけましておめでとうございます




初詣でひいたおみくじは末吉でした。
吉ファミリーの中では
最下位という立ち位置の末吉ですが
吉であることには変わりなし。
2010年も前向きに生きてゆきたいです。

元日の午前4時、
月食観測にお出かけしました。
(見た方いますか?)
そのおかげで元日の日中は
ほぼ寝て過ごしました。
2010年も寝る子は育ちたいです。

さて。

新年を迎え、
ホームページとメールアドレスを
新しくしました。
2010年は自分にとって
いろんな新しい扉を開く年になりそうです。

1月は上映がありません。
2月からの上映に向け、
しっかり準備をしようと思います。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。