about

mirai

Author:mirai
  

兵庫県西宮市を中心に、
カフェやショップ、
ギャラリーなど
まちにある素敵な空間を使って
ちいさな映画会を
企画・開催しています。

あまり出会う機会のない
せかいのいろんな映画や
古いけれど色あせない
素敵な映画など
独自のセレクトで
みなさまにお届けします。

映画というもうひとつの世界
みんなで観ることの楽しさを
感じてもらえればしあわせ。

お問い合わせ・ご意見は
nomadekino@gmail.comまで

thanks

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第63回カンヌ映画祭

 
今年のカンヌが終わりました。

テレビで報道されるのは
北野武の新作ばかりー…つまんない。
(北野作品がつまんない、というわけでなく)

新聞をぺらりとめくって
目に飛び込んできたゴダールの写真。
おおお(コーフン)!!!

canne2010_godard.jpg

いつの間にこんな
笑顔に味のあるじーちゃんになったんだ。
今年80歳だってびっくり。
「ある視点」部門で新作出してました。

それよりなにより、私のハートを震わせたのは
「ビクトル・エリセ」の文字。
審査員を務めていたようです。

canne2010_erice.jpg

出品ではなく審査員というところが切ない。
切ないよ。

個人的にかなり特別な想いを抱いている
スペインの映画監督、ビクトル・エリセ。
私は、彼の映画に
永遠の恋をしていると言っても過言ではない。

なにが切ないって、10年に1本(!)という
超!寡作で知られる監督なのですよ。

最後に撮った長編は1992年の『マルメロの陽光』。
そろそろ新作出してもいいんじゃないの??
2002年にオムニバス映画の中の一遍を撮ったけど、
まさかそれも10年のうちの1本…?

そろそろ長編の新作が観たい!!!
10年に一度しか会えない恋人を待ってます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。