about

mirai

Author:mirai
  

兵庫県西宮市を中心に、
カフェやショップ、
ギャラリーなど
まちにある素敵な空間を使って
ちいさな映画会を
企画・開催しています。

あまり出会う機会のない
せかいのいろんな映画や
古いけれど色あせない
素敵な映画など
独自のセレクトで
みなさまにお届けします。

映画というもうひとつの世界
みんなで観ることの楽しさを
感じてもらえればしあわせ。

お問い合わせ・ご意見は
nomadekino@gmail.comまで

thanks

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【終了しました】MANDINKA THEATER

 
MT01_flyer_300.jpg

真夏の太陽はどこへやら、
夜にはすずしい風が吹くようになってきました。

秋がやってきますね。

大通りにビジネスビルが立ち並び
スーツを着た企業戦士たちが闊歩する大阪・本町。
こんなにも自分と接点のないまちなのだけど、
(歩くと上を見上げてキョロキョロしてしまうし)
それでも居心地の良い店というものはあるもんだ。

とある人に紹介してもらった「MANDINKA DINING」。
ここで映画上映会を開催することになりました!

ビルの地下、ましかくの店内、座席はほぼすべてソファ。
どこまで映画向きやねん(うれしい悲鳴)!!
ああ、ここで映画を観れたら気持ち良いだろうな、と
ごくごく自然に思えるような空間なのです。

というわけで、気軽に楽しんでいただけるのはもちろん、
「映画観たな~~~」という充実感もほしくて
今回セレクトした作品はゴダールの『女は女である』。

フランス映画はわかりにくいとかゴダールって難しいとか、
そんなことを言って二の足を踏んでる人にぜひ観てほしい!
子どもが欲しくてたまらない女の子と
その恋人の繰り広げるなんとも可愛らしい攻防戦。

トリコロールカラーを効果的に使ったカラフルな画面、
すぐにでも真似したくなるファッションセンス。
50年も前に撮られた映画なのにちっとも古びないポップさ。
ひとつひとつがほんとうにかわいくて、お洒落で。

気の合う仲間と、なんでも話せる友人と、大切な恋人と。
ぜひ素敵な時間を過ごしに来てください。

MANDINKA店主・tuboimasak!(男前!)の個展「LOGOS」も
店内で同時開催しています(9/1~25)。



MANDINKA THEATER "Une femme est une femme"

2010.9/19(日) 11:30~ 14:00~ 16:30~ 19:00~

『女は女である』Une femme est une femme
1961年/フランス=イタリア/84min/
監督:ジャン=リュック・ゴダール/主演:アンナ・カリーナ

会場:MANDINKA DINING
   http://mmm.mandinka-s-c.com/
   大阪市中央区南久宝寺町4-4-1 新御堂ビルB1F
   TEL050-1322-2801
   OPEN11:30~15:00/18:00~24:00 日曜休

料金:2000円(MANDINKAサンド&ドリンク付き)

定員:各回20名(先着順、ご予約ください)

ご予約:メールでnomadekino@gmail.comまで
    お名前、人数、ご希望の回、ご連絡先をお知らせください。
    MANDINKA店頭、お電話でも受付しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。